スポンサーサイト

  • 2011.02.04 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


プロマシアミッション第8章(Yporon編)最終回:「暁」エンディング

 最初にここで言っておきます。
今日書く話は、ネタバレ度が非常に高くなると思います。
(エンディングのイベント内容を書こうとしてるので。)
なので、まだPMが終わってなくて、ネタバレを嫌う人は
この先を読まないようお願い致します



・・・よろしいですか?
では、続きを書きたいと思います^^

続きを読む >>

プロマシアミッション第8章(Yporon編):「天使たちの抗い」(後編)〜「暁」

 いよいよこの話を書く時が来ました。(´∀`)
今日は、PMで最後に行ったBF戦の話を書きたいと思います。








2008年5月のある金曜日、また黒魔SさんとナイトMさんと組んで
続きのBF戦をやる事になりました。
アトルガン白門で、メンバー募集シャウトを叫んだところ、
このようなPTが出来上がりました。

白黒ナ侍踊学

まあ、どの人も輝きや印はすでに所持しているので、すぐ現地に向かいました。
(ちなみに、手伝い参加は黒Sさんと学さんの2人)
そーいえば、特に狙ったわけじゃないのですが、また
ヒューム3人タルタル3人というPTになってましたねw




まず、「天使たちの抗い」のBF戦ですが、これは
壺NM(ゼデー族)4体との戦いで、名前はどれも一緒なのですが、
白魔と赤魔の個体が1体ずつ、黒魔の個体が2体いるので
ナイトさんが突撃して、敵が密集したところで、
黒魔さんがスリプガ兇覗完を寝かして、まず黒魔個体を殲滅しました。
しかしながら、その勢いで白魔と赤魔を倒すのは無理だったので、
突入時の初期位置とは反対のところで、いったん全滅して
再起を図ってから、再び戦闘。
そんな風に、すでにBFを経験してる人から教えてもらったやり方でやったので、
ものすごくあっさり勝つことになりましたw




BF終わった段階で、リアルで23:30で、この時点で2Hアビを使用したのが、
私(白)さんだけでした。^^
そのため、私は、このまま一気に、ラスボスもやってしまおうと提案し、
ほぼ勢いだけで、ラスボス戦もやってきました。^^
続きを読む >>

プロマシアミッション第8章(Yporon編):「天使たちの抗い」(前編)

 えー、予告どおり、PMの続きを書きたいと思います。
とはいっても、結構短くなると思いますが・・・;








古代の園〜選ばれし死をやった時、偶然にもMさんが同じ進捗であることを
知った私は、2008年5月のある日、SさんとMさんの協力を取り付けて、
続きである、「天使たちの抗い」を行う事にしました^^


ちなみに、このミッション、大まかに分けて、次の3段構成になっています。
ー鐶欧瓦箸房困錣譴慎韻(※)をル・メトの園で入手。
■下鑪爐里世い犬覆發痢◆峩任琉」と「黄昏の印」を入手。
BF戦


この日は、そのうち,鉢△世韻鬚笋襪弔發蠅任靴拭
(連続でやると痛い目を見るのは、ひとつ前で痛感したし;)



ただ、このミッションをやる際、一つだけ私は思いました。
それは、私とSさん(クリア済)はタルタル族、Mさんはヒューム族だという事です。
それゆえ、私は野良募集する際に、珍しくこういう指定のシャウトをしました。

「ジョブ不問で、タルタルとヒュームの方募集します。」


そりゃまあ、関わる種族が少ないほうが、圧倒的にクリアしやすいっすからね、
このミッション^^;
その為、タルタルとヒュームがともに3人ずつというPTが出来ましたw
あと、私は今回、メンバーが集まってから、こういう指定もしました。

「地図取り行かずに、ミッション攻略だけ行います。」


これも前回のミッションで学んだことです。
それをやるだけで異様に時間がかかってしまうので、
私はとにかく、Mさん達にも迷惑かけないよう(前回、それだけ無茶させました;)
徹底的に無駄を省いたのです。(・ω・)



おかげで、大して時間もかからずに、攻略することが出来ました。^^




まあ、この日はあまり無茶をせずその場で解散しました。
(ついでに言うと、ジョブ不問で集めたから、BF行くような構成ではなかったですし;)


結構短めに済んじゃいましたが、来週書く予定のPM話は
かなり気合入れて書く気でいます^^(SSは残ってないけど)
それでは、また^^ノシ








(※)種族ごとに失われた輝き
そもそも輝きというのは、下記の5つがあります。

.曠蕕竜韻(PM第1章プロミヴォン・ホラをクリア時に入手。)
▲妊爐竜韻(PM第1章プロミヴォン・デムをクリア時に入手。)
メアの輝き(PM第1章プロミヴォン・メアをクリア時に入手。)
ぅ凜.困竜韻(PM第5章プロミヴォン・ヴァズをクリア時に入手。)
ゥ▲襦Ε織罎竜韻(PM第7章をクリア時に入手。)

ヒュームの場合はぁ▲┘襯凜 璽鵑両豺腓廊、タルタルの場合は 
ミスラの場合は◆▲ルカの場合はイPM第8章開始時に失うので、
それを再度入手する必要がある。

プロマシアミッション第8章(Yporon編):「古代の園」〜「選ばれし死」

 多分ですが、次の休みには、このPM話は終われると思います。
まあ、終わってもまだ次書く話のネタはあるんですけど・・・


それはそれとして、今日の話は8章のNM戦です。






あれは2008年4月下旬だったと思います。
PM1章の時知り合ったフレAさんから、こんな連絡を受けたのです。

Aさん「今度、海LSで選ばれし死やるんだけど、一緒にやらない?」


でもこの時点で、私はまだ「古代の園」で止まってましたので、
最初は断るつもりでした。ですが・・・

Aさん「別にすぐって話じゃないから、それまでに終わらせれば?」


ここで私は古代の園の内容を確認してみたところ、
アル・タユでNMを倒すだけのようでしたので、
Aさんに了解の返事を送りました^^






で、あくる日、私は白門でシャウトをしました。
結構すぐに野良が5人集まってくれたので、現地に向かうことになりました。
(この時のジョブ構成は恥ずかしながら全く覚えていません。;)


ちなみにこの古代の園、計3箇所で、それぞれ3体ずつ、
つまりは9体のNMを倒す必要があるのです。
で、まあ最初は海獅子の巣窟から行ってすぐのポイントの所から攻めました。
まあ、これには結構順調に勝ちました。
このNM戦で調子をつかんだPTは、次のポイントへ向かいました。
次のポイントもそれほど危険は無く、順調に勝って、最後のところへ向かった時・・・

私が、クラゲ(ヨヴラ族)に絡まれて戦闘不能に…(´Д⊂


まあ、リレイズはしてたので、どっかいってからあっさり復活しましたが;
で、衰弱のまま歩いて、次のNMポイントまで行ったのです。
でもこの時、私が全回復してからやるつもりだったんですが・・・

メンバーの1人がNMを呼び出しちゃって・・・(´Д⊂

なし崩しに戦闘になったのですが、私はPTメンバーに言われて
ずっとヒーリングしてました。
で、9割がた回復したところで・・・

今度はエイ(フワボ族)に絡まれました…(´Д⊂

もうPTは、すでにNMとの戦闘を行ってましたが、メンバーの1人が気づき、
寝かせに入ってくれて事なきを得ましたが、しかしながら、
そのことにより回復役が消え、PTがたちまちピンチになってしまいました。
それで私は、

女神の祝福!!


おかげでPTも持ち直し、NMを倒した後エイも倒して、
無事古代の園は終了しました(´∀`)



ですが、この時点でまだ0時前だったことから、PTメンバーから

「このまま続きのPMできそうじゃないですか?」

との意見が・・・
約2名ほど、きついという人がいたので、PTから抜けてしまいましたが、
私は、先ほどの意見を受け入れ、続きをやる事にしたのです。
でも、抜けた分の補充をしなくてはなりません。
そこでまず、このPMをやるきっかけになったAさんに話をしてみました。
Aさんは、「時間かかるよ?」と言ってましたが、それでも
ちゃんと、海LSの方のPMを手伝ってくれるなら、と言って
協力してくれました。(もちろん手伝い参加はOKしてます^^)
で、次に、エル♀キャラを使ってた時に知り合った黒魔Sさんに
声をかけました。
Sさんは、協力をしてくれるばかりか

「いままさに、PM進捗がポロンさんと一緒のナイトさんがいるけど、
 連れて来ていい?」


と言ってきたので、私は

「もちろん大歓迎です(´∀`)」

と返事をしましたw

で、フ・ゾイの王宮で待っていたところ・・・

Sさんが、うちのLSの三国ENMに参加しているMさんを連れてきたのですw

これには私も驚きましたw


で、まあ7人になったし、3人と4人に別れてアライアンスにして、
選ばれし死をやりに行きました。



ざっと「選ばれし死」の内容を話すと、
フ・ゾイの王宮にいるNPCが、いわゆる扉の開閉権限を持ってるため、
そのNPCを護衛しながら装置の場所まで連れて行き、目的地でNMを倒す。
というものです。
このNPC、各国の護衛クエストのNPCのように操作できるんですが、
NPC自身には攻撃能力はなく、耐久力も乏しいので
絡まれたらまたやり直しになってしまうのです。

それにこの日、地図取得も同時並行で行ったので
途中で護衛対象のNPCを置き去りにし、別のNPCと会話するようなことも
やっていたため、相当時間がかかりました^^;



やっと目的地に到着し、NMを倒した頃には、午前3時をまわっていました;
当然の事ながら急いで解散して、その日は落ちました・・・





・・・「古代の園」と「選ばれし死」は
平日にいっぺんでやるもんじゃないです;
おかげで次の日すっごく眠かったし・・・(´Д⊂




まあ、そんな感じではありましたが、この日やったことがきっかけで、
SさんとMさんを固定メンバーとして、次のPMをやる事になったのです^^
続きは・・・多分今日中に書くと思いますが、
それでは、また^^ノシ







追記)
ちなみにAさんに言われていた「選ばれし死」の手伝いは
未だに行っていません;
もしかして、もう終わっちゃったのかな・・・?('∇';)

プロマシアミッション第7章(Yporon編):「武士道とは」

 正直、「決別の前」の話を書こうかとも思ったのですが・・・
戦闘そのものは全く印象が無く、その時の参加メンバーのガルカナイトさんが
800万する白サブリガを履いていた事が
印象に残りまくってるので、書きたくないって言うか・・・^^;

まあ、お気持ち察してください・・・;





なので、7章のBF戦である「武士道とは」の話を書こうと思います。

確かこれをやったのは、アルタナの神兵発売1週間前だったと思います。
私は、追加ディスク発売前に、どーにかしてアル・タユに行きたかったので、
このBF戦のメンバー募集シャウトを白門で叫びました。


でも、思ったよりも野良が集まらなくて・・・
しょうがないので、フレからも人を募集しました。
それでフレのナイトNさんと、メインモンクのタルRさんが加わってくれたのです。
あとタル黒のSさんもいたかな・・・
それで、出来上がったPT構成がたしか
ナ戦侍白黒赤だったと思います。




Nさんから、「召喚士がいないから、きびしそだね」とも言われましたが、
集まらなかったものはしょうがありません。
それで、海獅子の巣窟まで行き、BF前で打合せを行いました。

・・・とはいっても、最初は様子見で突入して、
その経験を元に作戦練ろうって話が纏っただけなんですけどね^^;
(ちなみに様子見とは、2時間アビを使用しないで挑戦するって事です。)


このBFはLV無制限、6人制限で、相手が
ひんがしの国のお侍さんと、クソタル3兄妹で、
侍だけ倒せば、クリアというBFです。
しかし、この侍の特殊連携が発生するとBF強制退出になるので
油断ができない相手です。
(ちなみにNさんが召喚士云々と言ったのは、タル3兄妹が、
 こっちが攻撃できない位置に陣取り、それでいて侍を支援したり
 こっちを攻撃したりと、誠にうざったい存在なので、
 ディアボロスナイトメアで眠らせれば楽、と言う事なのです。)



で、まあBFに突入したのですが・・・




・・・・・・




・・・・・・・・・・・・




・・・・・・・・・・・・・・・・・・




様子見突入で勝ってしまいました(゜▽゜;)



なんてーか、タル3兄妹の支援がそれほどでもなかったし、
侍さんは、あんまし怖い攻撃しなかったしで・・・
ものすごく運に恵まれてました(´∀`)





おかげでアル・タユに行くことができましたし、
拍子抜けはしたけど、言うことない戦果でしたね(´∀`)





この7章以降、アルタナの神兵のコンテンツに挑戦するようになったので、
しばらくPMをやらなくなったのですが・・・
ちょっとしたきっかけがあったので、8章もやることになりました(´∀`)
その話はまた来年に書こうと思います。
今年の最後は、別のこと書くと思うので・・・
それでは、また^^ノシ

プロマシアミッション第6章(Yporon編):「畏れよ、我を」

 本当なら、PM第5章の続きで、NMとの戦いがあるのは「ゐぬる場所」なのですが…
これは、フレが1人で倒してしまったので、印象には全く残っていません。
なので割愛して、一気に、PM最大のBF戦の事を書きたいと思います。






私はこのPMは、シャウトを待たずに自分で動きました。
それで、白門で募集シャウトをしたところ、
赤黒戦暗が集まったのですが、忍者さんが欲しいのに
シャウトでなかなか捉まりませんでした;
その時、旧LSの忍者Mさんがログインしてきたので、Tellしたところ・・・
なんとかOKがもらえたので、そのまま海獅子の巣窟へ・・・




BFにはいる前に打合せをしたところ、

・最初のマメット戦では、忍者さんがマメット達を絡まれマラソンし、
 1体ずつ敵を釣って倒す。
・アルテマ戦で、もし時間に余裕があれば、入り口側で全滅し、
 体勢を立て直す


などが決定しました。
(本当はもっとあったんですが、よく覚えていません^^;)






ところで、このBFの内容ですが、

LV60制限、上限人数6人、制限時間45分で、相手が
Mammet-22 Zeta5体
Omega
Ultima


と、インターバルはあるのですが、3連戦するというきつい内容です。
しかもインターバルやイベントムービーの時間まで計算されるので、
すごく急ぐ必要があります;




で、実際入ったところ、マメット戦では
マメット4体に絡まれているにも拘らず、空蝉を駆使して
攻撃をかわし続ける忍さんがすごかったです。
(もちろん私が回復やヘイストの支援はしてましたが)
で、オメガ戦についても、CCBポリマー剤(※)の使用タイミングもバッチリで
比較的順調だったのですが・・・
アルテマ戦で多少きつい事態になったので、入り口側で死ぬ事になったのです。
ですが、私は多少ずれたところで死んでしまいました。
その為、リレイズで復活したら、アルテマが襲ってきて・・・(´Д⊂

私の痛恨のミスにより、敗北しちゃったのです( TДT)




結局その場は別れたのですが・・・
たしかその翌日か翌々日、旧LSの黒魔Yさんから声がかかり、
またこのBFに再挑戦したのです。
その時の編成は・・・
白黒赤忍と・・・あとどんなジョブの人がいたかは忘れました;

まあ、それで、BFに突入したのですが・・・




勝てそうな所で敗北したこともあり、この日の私は、恐ろしく気合が入ってました。
マメット戦ではそれが見事に空回りして、絡まれマラソン中のマメットに
イエローリキッドを使って、タゲを取っちゃったりしましたが・・・;;
でも、オメガ戦やアルテマ戦では、白魔の役割を十分果たすことができたのです。
それにこの日、皆さんがとても強くって、
アルテマ戦も、一度も全滅せずにクリアしたのです(´∀`)








PMの中で一番苦戦するBF戦は、こうして幕を閉じたのです。
この頃、アルタナの神兵が発売間近ということもあって、
みなさん駆け足でミッションをやっていたこともあり、
続きである7章もすぐに挑戦することになりました。
その事はまた今夜にでも書こうかと思います。
(書けなかったら明日になると思いますが・・・)
それでは、また^^ノシ





(※)CCBポリマー剤
OmegaとUltimaの特殊技を約1分間封じるアイテム。
クエストで手に入れるほか、競売で購入可能。

プロマシアミッション第5章(Yporon編):「みっつの道」(テンゼン編)

 最近ディシディアファイナルファンタジーをちょこちょことやってる私です^^;
まだシャントット博士は使えませんが・・・;



まあ、そんなことはどうでもよく、今日はみっつの道で残ったテンゼン編の話です。



野良募集シャウトがなくて、焦れていた私の元に、LSの黒BさんナMさんから、
「今度ソ・ジヤ攻略で野良集めるから一緒に行かない?」と誘われたのです^^
(ちなみにこのお2人、後にLSで
一番最初にZM、PM、世界クエ、AMをクリアした人達
となります^^)


で、当日、集合場所のル・ルデの庭に行き、皆が集まったところで、
ソ・ジヤに向かいました。
この場所、先へ向かうのに扉が14箇所ほどあり、しかもその扉を開けようとすると
ランダム確率でドール族のNMが出るので、
人数が少ないと、かなり危険な内容なのです;
で、この日、おそらく12箇所ほどでNMと戦いました;
まあ、一戦やるごとに体制を整えたりもできるので、無茶らしい無茶もなかったですが;

で、まあ、目的地に到着した時、Mさんを含む数人から、

ラテーヌ高原でイベントを見ていない事が判明!Σ(゜д゜;)

仕方ないので、再度その人達のためにやり直し、という事になったのですが
この時の主催者が、その先のデルクフの塔・下層でのNM戦を
(この時点では)やらないと言っていたので、私を含む3名は、その場で抜けて、
白門で続きのNM戦のメンバー募集をしたのです。


・・・が、全然集まりませんでした;


気持ちが焦ってきた中、その時PTで一緒にいた人が

「さっきのリーダーさんが、待っててもらえれば
続きのNM戦もやると言ってました」


と言ってきたので、3人ともイベントを進めて、待機することに。
(Bさんは知らなかったようですから、
おそらくその人がリーダーと交渉したんでしょう^^)



そして、残るドール族NM戦も難なくクリアしてその日は終わり、
一つだけ残ったソ・ジヤのイベントは後日1人でその場所に向かい、
クリアしました(´∀`)





個人的な感想として、この第5章が

PMの中で一番面倒くさい

です。;

しかしまあ、これのおかげで5章がクリアできたので、
あの時Bさんたちが参加してたミッション攻略LSの人達には
改めてこの場でお礼申し上げますm(_ _)m



さて、今年も残り少なくなってきました。
だんだんPM話も残り少なくなってきましたが、
正月休みの間に、違うことも交えながら、ダーっと書きたいと思います。
それでは、また^^ノシ


プロマシアミッション第5章(Yporon編):「みっつの道」(ルーヴランス編)

 明日書く予定でしたが、この話もなかなか短く済んでしまうので、
今日書く事にします^^;



・「なにゆえその子は」BF戦
この時期は野良シャウトに乗って攻略してることが多く、
これもまた白門で募集シャウトがあったので参加しました。
PT構成はあまり覚えていないですが、たしか・・・
白赤赤青忍狩・・・だったかなぁ;(最後の狩は違ったかも)
私は白魔で参加しました。
(時期としては、向かい風と迎え火の中間でした)
最初は、参加者の中で黄金のカギを持ってない人のために、
カギ取りから始まりました^^
私も持っていなかったので、正直ありがたかったです(´∀`)
(ちなみにこのアイテムが必要になるのは、BF戦終了後)
で、その後、BFまで移動することになるのですが・・・
移動の方法が、ムバルポロス旧市街にいるゴブNPCを利用して、
だったのですが・・・
他の人はスノーリリーで移動したのですが、私は持ってなくて、
仕方なくENMトリガーをゲットするためのダイス勝負になったのですが・・・
私はこの時、競売で手持ち金全額投入してパーガトリーメイスを買った直後
だったこともあり、手持ちが12000ギルしかなかったのです;
で、最初の10000ギル投入のダイス勝負で負け、その後2000ギルでも負けて
ほぼ1文無しとなり・・・・・・(´;ω;`)

仕方なく主催者から50000ギル借金しました(´Д⊂

それで、ダイス勝負に勝って、2000ギルでBF前まで移動できるようになりました^^;
※ちなみに、ちゃんと後日、借金は返済しました^^


まあ、それでBF戦なのですが・・・
赤の1人がモブリン4匹とバグベアをマラソンして、私がマラソン役の回復。
他は1匹ずつ敵を引き抜いて殲滅、というやり方だったのですが、
これがなかなかうまくいきました^^
主催者は、何度かやり直しをすることも視野に入れてたようですが、
そんなことするまでもなく、楽勝だったのです^^


それで、その後のイベントを全部見た後、その日は落ちました^^





残るテンゼン編は、野良シャウトを待っている身だった私に
ちょっとした転機があったので、ちと長くなります。
そのため明日に書こうと思います。
それでは、また^^ノシ

プロマシアミッション第5章(Yporon編):「みっつの道」(ウルミア編)

 えーっと…正直言って「みっつの道」は、やった順番もタイミングもめちゃくちゃ
なので、予め言っておきます。


PM5章「みっつの道」〜7章「武士道とは」までは、
2007年8月〜11月までの範囲で攻略してます。



まあ、そんなわけで、まず最初は・・・


 峺かい風」BF戦
例によって例のごとく、白門の募集シャウトがきっかけで
このミッションをやったのですが・・・
PT編成は確か・・・黒黒黒赤がいたことは確かです。
(黒の1人が私)で、あとはさんとさん・・・だったかな?
みなさん、ENMには行きなれているようで、BF前までは安全に到達し、
で、BFにはいる前に、打合せをした結果・・・

・まず、全スカリーをスリプガで寝かせる。
・黒3人がスカリーYに一斉にフリーズ
・前衛はZと戦い、ペットやXは赤さんで寝かせ。
・Zに一斉にフリーズ。
・倒したら、今度はXに・・・

こんな内容だったんです。
しかしながら、実際はちっとばかり失敗がありました;

最初のフリーズで、Yが倒れなかったのですΣ(゜д゜)

これ以降、かなり大慌てな戦いになってしまいましたが、
でもまあ、ぎりぎりで勝利しました^^;
赤さんの寝かせと忍さんのタゲキープが優秀だったおかげです^^





で、別の日に、別のシャウトで続きのPMをやることになったのです。


◆峽泙┣弌BF戦
これも募集に乗っかってクリアしました。
当時LV60制限に出せるジョブは白魔しかなく、私は無理言って
白魔で参加させてもらいました^^;
で、集まったメンバーは
白黒黒赤ナ侍だったと思います。
場所がウルガラン山脈なので、BF前まで行くまでに絡まれる人が
いたりしましたが、なんとかBF前まで到着^^;
戦略はとても単純で、黒魔と赤魔による精霊魔法一斉攻撃と
侍の1人連携
、というものでしたw
私は、弱体アイテムであるシュ・メーヨの塩を使用する役でした^^;
(PM5章は速攻必須なことが多く、白魔は何かと苦労します;)
作戦はとても上手くいき、すぐにBFには勝利できました。


でも私は、一つだけ気になっていることがこの時ありました。


参加者の赤魔さんの名前に見覚えがあったのです。


なので私は、ちょっと質問してみました。

私「すいません、赤さん。ちょっと聞きたいことがあるのですが」
赤さん「何ですか?」
私「もしかして、白魔もLV75ですか?」
赤さん「はい。」
私「それって、2006年4月頃から、LV75でしたか?」
赤さん「よく覚えてないけど、たぶんLV75だったと思います。」



たぶん間違いない。
それで私は、この質問を投げました。


私「コルセアジョブゲットを手伝いに行って、
  チゴーに倒されたことありませんか?」




向こうも思い出してくれましたw
そう、この人はコルセア取得の時手伝ってくれたRさんだったんです^^
この後、その人と雑談に花を咲かせてその日は終わりました。







正直申し上げますと、「みっつの道」はバラバラに攻略したせいで
今となっては、あまりやった内容を覚えていないのです;
BFの印象もそれほどないので、こんな内容になってしまいました;
まあ、とりあえず、明日は「みっつの道」の続きを書くと思います。
それでは、また^^ノシ

プロマシアミッション第5章(Yporon編):「願わくば闇よ」(後編)

 今日の予定を書いたのはいいのですが、それは夜のこと・・・
今から書くのは、PM5章のヴァズBFの話です^^;




あれをいつやったのかは、正確には覚えていません。
ただ、ワープ開通からそれほど経ってなかったとは思います。
(たぶん2007年7月頃)



あの時、白門でこんなシャウトがあったのです。

「ヴァズENM一緒にやりませんか〜?」


それに乗った私は、その人に声かけて、参加することになりました。
黒魔で参加するよう言われて、準備してル・ルデの庭につくと・・・
構成は忍忍忍シ白黒となっていました。
で、雑談の最中にわたしがぽつっと言ったのです。

「ワープ開通したばかりだから楽しみです^^」

この台詞を聞いた主催者が、私のPM進捗を聞いてきたので、
まだヴァズBFをクリアしていないことを話すと・・・

「じゃあ、一緒に攻略しちゃいましょう^^」


!!!Σ(゜▽゜)

私は正直、すごく驚きました。;
なんせ元々そんなつもりが双方ないので、アニマ(※)は用意できてないし・・・
それでも、その主催者には何か勝算があるようでした。

そしてメンバーの準備がし終わると、早速目的地まで移動しました。
テレポヴァズ>ボスディン氷河>ソ・ジヤ>プロミヴォン・ヴァズと
この移動間では、敵に絡まれることなく、普通に辿り着くことができました。

で、まずはヴァズENM「掌中の珠」に挑戦です。

精霊魔法を使えるのが私だけなので、水色と青の光球を倒してから、
ボスである白色の光球を倒すことになり、緑色の光球は無視することになりました。
で、水色と青の光球を倒した時に生まれるボスは
私のフリーズで倒すとの事で・・・
実際、参加者はどの人も慣れていたようで、迅速にボスを倒しちゃったのです^^;





まあそれでENMに勝利した後、次はPMのほうです。


PM第1章をやったことがある人なら、
その時のボスに苦戦した思い出があるかと思います。
この時のボスは、1章の時のボスが3体まとめて、という
いやらしさたっぷりのBFだと、私は思ってます^^;

で、主催者の戦術はこんな内容でした。

・忍者3人で三方向を取り囲んで攻撃し、シーフが不意だまする。
・ボスの残りHPが半分になったらフリーズで一気にトドメ
・上記手順を3回繰り返す

それだけです。^^;
正直、うまくいくのかどうか不安でした^^;
でも、この時の参加メンバーの実力は、そんな不安を一蹴してくれたのです^^

実際、いまでもおぼろげながら覚えています。
まさに上に書いた戦術どおりに皆が動き、一回も戦況が崩れることなく
勝利した事を^^
(むしろ私が、最後のフリーズのとき、
MP不足で撃てなくて迷惑かけたほどです;)


この時のENMメンバーのおかげで、私はPM進捗を進めることができたのです^^

で、このあとが「みっつの道」になるのですが・・・

一気に書くととんでもないボリュームになるので、
何回かに分けて書こうと思っています^^

明日は、たぶんPMのことではなく今夜のことを書くと思いますよ^^
それでは、また^^ノシ






(※)アニマ
ここではプロミヴォンに出てくるエンプティ族に有効な弱体アイテムのことを指します。
3種類あり、効果は下記の通り。

・迷のアニマ:敵の特殊技を一定時間封じる
・驚のアニマ:敵が一定時間、プレイヤーに対してひるむ
・脅のアニマ:敵が一定時間逃げ回る


calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
ブログパーツ
■アクセスカウンタ
ブログパーツUL5

■時計
FF11キャラクタープロフィール
メインキャラ

別アカウントキャラ
リンク集
■FF11 攻略サイト
FF11 database.

■FF11フレンドのブログ
FF11 :【こじゃんとうまいガルカ♪】
POLOG
Black Cloak
Gallery F annex
a fallen angel
鍵江戸日記

■「踊り子同盟」関連
踊り子同盟公式サイト
踊り子同盟広報blog
気ままに旅に出ようよ
【肉球】Blog

■FF11 他鯖の知り合い
【Attic】+Witch's Mansion+
フィリスの雑用ノート
ハッシュポテトのカボチャ畑
カリスのおうち
ヴァナの空の下・ログは流れる

■その他
EPISODE IN VANA'DIEL
原色クリスタル

Commodity Introduction
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM